140914ahoppenonakama
お昼寝から起きてオヤツの準備をしていた時、
大地震は起きました!
町内の防災担当者が直ぐに駆けつけて下さいました。
子ども達を抱えて、目の前の緑地広場へ避難。
「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と何度も言いながら、怖かったと思います。
日頃から町内と合同避難訓練をしていましたが、この日は違いました。

2016年(平成28年)1月8日、死者は15,894人、重軽傷者は6,152人、警察に届出があった行方不明者は2,563人であると発表している(ただし未確認情報を含む)。
日本国内で起きた自然災害で青森県から千葉県までの太平洋沿岸を中心に、1都1道10県で死者・行方不明者が、また1都1道18県で負傷者が発生した。

郡山市役所はマグニチュード8.8という超巨大地震が起こったことと判明した。
その後、巨大津波、地震の揺れや液状化現象、地盤沈下、ダムの決壊など。更に東京電力の福島第一原子力発電所で発生した炉心溶融など一連の放射性物質の放出をともなった原子力事故。

復興も進んでいるようですが、まだまだ日常は戻っていないようです。
ご両親を亡くされたお子さん244名。
私達はこの震災に心を寄せ続けなければならないと思います。
お亡くなりにならた方のご冥福をお祈り致します。
未だ行方の解らない方、一日も早く探して頂たくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>